[VSCode] Prettierの設定

Node.js上で動作するコードフォーマッター「Prettier」の設定方法を記録しておきます。

Prettierのインストール

VSCodeの拡張機能から「Prettier」をインストールします。詳しい方法は下記リンク先を参照。

Prettierの設定

プロジェクト直下に「.prettierrc」というファイルを作成し、そこにJSON形式で設定を追加します。

私の共通設定は下記の通り。

{
    "semi": false,
    "singleQuote": true,
}
“semi"ステートメントの最後にセミコロンを付与(falseで付与しない)
“singleQuote"二重引用符の代わりに単一引用符を使用(true)

デフォルトの設定

「.prettierrc」ファイルを作成していない場合は、下記の設定が適用されるそうです。

詳しくはPrettier公式サイトを参照。

{
    "printWidth": 80,
    "tabWidth": 2,
    "useTabs": false,
    "semi": true,
    "singleQuote": false,
    "quoteProps": "as-needed",
    "jsxSingleQuote": false,
    "trailingComma": "none",
    "bracketSpacing": true,
    "jsxBracketSameLine": false,
    "arrowParens": "avoid",
    "rangeStart": 0,
    "rangeEnd": Infinity,
    "parser": "none",
    "filepath": "none",
    "requirePragma": false,
    "insertPragma": false,
    "proseWrap": "preserve",
    "htmlWhitespaceSensitivity": "css",
    "vueIndentScriptAndStyle": false,
    "endOfLine": "auto",
}

こちらもご覧ください

本ブログの管理人がNuxt.jsで開発したサイトです。