[百名山] 甲武信岳(2,475m)

2021年6月19日

甲武信岳とは

甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)は、山梨県埼玉県長野県の3県の境にある標高2,475mので、奥秩父山塊の主脈の中央に位置する。甲武信岳(こぶしだけ)とも呼ぶ。

州(甲斐国=山梨県)、州(武蔵国=埼玉県など)、州(信濃国=長野県)の境にあるのでこの名になっているとされる説が有名だが、山容が拳のように見えるからという説もある。千曲川(新潟県に入ると信濃川)、荒川笛吹川(釜無川と合流し富士川となる)の水源の地。頂上に三角点はない。また、三宝山のほうが標高が僅かに高い。日本百名山の一つ。

wikipedia

登山口

毛木平駐車場(無料)までマイカーでアクセスし、十文字峠から千曲川源流へ周回するルートが一般的。

今回は毛木平駐車場に前泊(車中泊)しました。車中泊は6台程度だったでしょうか。

しばらく平坦な道を行きます。

こんな感じの道を十文字峠まで歩きます。

十文字小屋

十文字小屋に到着。

十文字峠からの眺め

三宝山(2,483m)

だんだんと岩登りになってきました。鎖場もあります。

甲武信岳山頂(2,475m)

山頂は360度の大展望。南アルプス北岳や八ヶ岳の姿が見えました。残念ながら富士山方面はガス・・・。

甲武信岳山頂 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

千曲川源流を下る

下山は千曲川源流を周回。川沿いに歩く、楽しい下山となりました。

こんな小さな流れが、下流ではあんな雄大な千曲川になるのです。

活動記録(YAMAP)

詳細なルートや行程はYAMAPの活動記録をご覧ください

全天球画像は360度カメラ「RICHO THETA」

参考リンク

こちらもご覧ください

本ブログの管理人がNuxt.jsで開発したサイトです。