もしかしたら自分は発達障害(ADHD)かもしれないと思うことがあったので調べてみた。

ADHDとは

ADHDは、「注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害」とも呼ばれ、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(思いつくと行動してしまう)といった症状が見られる障害。 症状の現れ方によって「不注意優勢に存在」「多動・衝動優勢に存在」「混合して存在」と分類されます

ADHDは「注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害」とも呼ばれ、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(思いつくと行動してしまう)という3つの症状を主症状とする発達障害

症状の現れ方によって「不注意優勢に存在」「多動・衝動優勢に存在」「混合して存在」と分類される。

不注意優勢型(不注意が目立つ)

ケアレスミスが多い、約束を忘れてしまう、物をよく失くすといった、不注意を起因とする症状が主に現れるタイプ。

上記のミスはADHDでない方でも起こりうるが、ADHDではこれらのミスが年齢に対して不相応に生じ、日常生活・社会生活に支障をきたす。これらの症状は決して本人のやる気がない、怠けているというわけではなく、脳の機能発達の偏りから起こるものである。

多動・衝動性優勢型(落ち着きのなさが目立つ)

じっとすることができない、失言をしてしまうなど、多動性や衝動性から起こる症状が主に現れるタイプ。

ADHDの多動性というと、すぐに離席してしまうイメージがあるが、大人のADHDでは離席してしまうほどじっとできない方は多くない。大人のADHDで多動性が現れる場合は、何となくそわそわしている、体を小刻みに揺らす、といった形で現れることが多い。

混合型(不注意、多動性、衝動性ともに目立つ)

混合型は、上記に挙げた不注意・多動性・衝動性が同程度に目立つタイプ。

大人のADHDの症状により起こる行動や状態

大人のADHDの症状は、具体的に下記のような行動や状態となって現れる。

ADHDの症状は決して本人の努力不足や怠けではなく、「次は失敗しないようにしよう」と自分なりに対策を試みているにもかかわらずなかなか状況が改善されない。

不注意症状による行動や状態

  • ミスが多い、同じミスを繰り返す
  • 頭の中やスケジュール・タスクを整理できない、順序だてて行えない
  • 締め切りをなかなか守ることができない
  • 忘れ物や失くし物が多い
  • 仕事や作業に集中できない

多動・衝動性の症状による行動や状態

  • 失言をしてしまう
  • 衝動的に動いてしまう(衝動買い、独断で重要事項を決めてしまうなど)
  • そわそわしている、体を小刻みに揺らす(貧乏ゆすりなど)

ADHDでみられることがあるその他の症状

  • 気分の変動が激しい(1日のなかで瞬間的に気分が変わる)
  • 過度に集中してしまう ※自閉症スペクトラムとADHDが併存している可能性

なぜ自分がADHDかもしれないと思ったか

失言が多い

  • 思ったことをすぐ口にしてしまい、人間関係をうまく築けない
  • 人間関係をよくするために、頑張って話そうとするが、逆効果になることも多い

衝動的に動いてしまう

  • 思いついたらとりあえずやってしまう。待つことができない。
  • 衝動買いしてしまう、これまで貯金したことがない。

飽きっぽい

  • ひとつのことに集中できない。すぐ飽きる。

詰めが甘い

  • 仕事の最後の詰めが甘い。ミスが多い。

ADHDの診断

実際に、Webの診断テストをいくつか受けてみた。

  • https://www.kawada.or.jp/self_check/developmental_disorder/

    ADHDの症状を持っている可能性は低いです

  • https://azscitechfest.org/check/adhd.php

    スコア
    47点(100点満点で高得点ほど重い症状)
    状態
    ややADHDの可能性があります。
    寸評
    あなたのADHDの可能性は中です。
    正常な方よりも高めの点数のため、ADHDの可能性があります。
    成人の平均点よりも高く、ADHDの傾向が見受けられます。
    気になる場合は、専門医に相談すると良いでしょう。

  • https://cbt-career.work/screening-test/

    はっきりとしたADHDの症状が生きづらさに関係しているとまでは言えませんが、基準を満たさないグレーゾーンの症状があなたの生きづらさに関係している可能性は否定できません。